FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

Nature Mind

緑の息吹、小鳥の歌声、虫たちのささやき・・、ファインダー越しに見えたものを少しだけ。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ みんなの勇気ある一言で! ]
2010-06-17(Thu) 22:45:26


   今日はちょっと番外編です。
  少し自分なりに思うこともあり、いつものような調子で
  アップしようと思っていた記事の内容を急遽変更しました。
  (本編は機会があればいずれまた・・)

   上の画像の蝶、つい先日撮影したのですがミドリシジミといいます。
  数年前、はじめてこの蝶と対面したとき
  ゆっくりと鮮やかな翅を開いてくれた瞬間は
  僕にとって忘れることの出来ないひと時になりました。


   さてここからが本題です。
  ミドリジジミはハンノキを拠り所(つまり食樹です)とする蝶で
  現在では保護されている場所も少なくないようです。
  かつてはそれほど珍しくも無かったらしいのですが
  豊かな水際を好むハンノキが減少したのに従い、
  ミドリシジミも個体数が減少しました。
   僕が撮影で出向いたのもそんなミドリシジミとハンノキの保護を
  している広大な公園でこの日も沢山の人が訪れていました。
  (おそらく日本でも有数のミドリシジミの一大生息地だと思います。)
  お父さんと一緒の小さな子供から中の良さそうな老夫婦までさまざまで
  ミドリシジミを見るだけの人、写真を撮る人が大半なのですが残念ながら
  ほんの少し、数人ですが手当たり次第に捕獲してしまう人もいました。
  「ミドリシジミの捕獲・殺傷を禁ずる」の立て看板が
  各所にあるにもかかわらず、です。
  (このような行為を乱暴な言葉ですが以下、"密猟"と表記します)
   そんな輩と、少し感情的に口論をしてしまいました。
  でも、保護されている美しい蝶を恥ずかしげも無く密猟している人種は
  やはりお脳の回線がどこかショートでもしているのか
  まともな議論にもならずこちらが歯がゆい思いをするばかりでした。
  蝶を密猟している人は大きな網の付いた長い柄を
  携えているので誰にでもすぐにわかります。
  上記の"沢山の人"のほとんどはそのことに気づいても見てみぬふりでした。
  それがちょっと残念でした。
  

   僕がいくら一人で叫んでも、
  貴方がいくら一人で叫んでも密猟はなくなりません。
  でも勇気を出してみんなで言えば減らすことが  
  できるかもしれません。
  みんなで叫ぶ「捕らないで!」の勇気ある一言が
  ミドリシジミばかりでなく
  こういった希少な生き物たちをを守ることに繋がると思います。
  
   僕のブログをいつも見てくださる皆さんは良くご存知だと思いますが
  今年は春先のちょっと異常な寒波の影響で虫たちが少ないようです。
  そして僕は見たくもありませんがネットの個人売買などではこの時期、
  ミドリシジミの標本や生体が売買されることがあると聞きました。 


  追記: ミドリシジミの食樹となるハンノキは
      一般の樹木とちょっと違い、湿地や水辺で育ちます。
      以前は水田の脇に数本ずつ植えられているハンノキが点在している光景が
      当たり前のようにあちこちにありました。
      農家のひとはそんなハンノキの幹を利用して
      収穫した稲穂を干していました(はざ掛けと言います)。
      でも水田が減ったことによりそんな光景もあまり見られなくなりました。
      ハンノキが減る。
      ミドリシジミも減る。
      ミドリシジミを捕る。
      ミドリシジミ、さらに減る。
      負のスパイラルは加速していきます。 


  
 

   柄にも無く生真面目なことを書いてしまいました。
  感情的で拙い文章になってしまったかもしれません。
  思っていることが少しでも伝われば良いのですが・・・。
  今日は特別編なのでランキングボタンも無しです。


  
思ったことTB : 0CM : 8
ダイミョウセセリの朝HOMEこがねむしの国

COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
b y | 2010.06.17(23:29) | | [EDIT] |
  +
こんぱんは。
ミドリシジミ、神秘的なブルーの翅など本当に美しい蝶ですね~!
こんな美しい蝶がハンノキの間を飛びまわっている姿を一度でも見てみたいものです。
mitakaさんの勇気ある行動は賞賛に値します!
おっしゃるとおりみんながちょっと勇気を出して一歩踏み込めばかけがえのない命をひとつでも守ることが出来るのですね!

そしてオオミズアオ、教えていただいてありがとうございました!
ポチ☆
b y sirabiso | 2010.06.18(01:38) | URL | [EDIT] |
  +
チョウに限らず色んな生物でこのような
哀しい事が起きていますね。
人間は生きているだけで他の生物を殺しているのですが、
少しの配慮で命を奪わなくて済むこと位は
実行してほしものだと私も思います。
b y colocasia | 2010.06.19(17:42) | URL | [EDIT] |
  +
mitakaさん、えらい。正しいそして勇気ある行為です。
なんで、見て見ぬふりするんでしょうね。

わたしも、口を出すタイプです。
そして、標本が大嫌いです。(ちょっと、本筋からずれてます?)

虫取り網、反対!発売禁止にすればいいのにーーーー。

電車に中でマナーの悪い人に注意します。(女性だけ)
言ったあとは、心臓が、バクバクしてます。
でも、バクバクしてないふりをします。
弱気ですと付け込まれますので。

自然の公園でも侵入禁止のロープが貼ってあるにもかかわらず
中に入って、三脚立てている人がいました。
相手は、男の人でしたし、他に誰もいないので、
そこは、パスしました。
捕獲はしていないようでしたので・・・。

でももし捕獲してたら、事務局に電話して、通報します。

関係者が、パトロールとかしてくれているといいのにね。
でも、そんなんじゃ・・・。間に合わないか・・・・・。
mitakaさんの勇気、尊敬いたします。
b y 虎猫 | 2010.06.19(17:51) | URL | [EDIT] |
  +
こんばんは。
mitakaさんの蝶を想う気持ちがひしひしと伝わってきました。
やっぱり大切な命、みんなで守らなきゃ、ですね。
わたしももし、「密猟」の現場に遭遇したら、しっかり注意したいです。

写真、ブルーの翅がとってもきれいですね(^-^*
100年後、200年後の子供たちも、この姿をみて
感動できるような、そんな世界が続けばいいな、と思います。
b y スウ | 2010.06.19(21:14) | URL | [EDIT] |
  +
mitakaさんの勇気ある行動は素晴らしいと思います。私もミドリシジミの生息地へよく行きますが、やはり同じような連中もしばしば見かけます。
野鳥の写真にしても同じことが言えますが、マニアではなくナチュラリストでありたいですよね。

他の記事からポチッ!
b y Booby | 2010.06.20(00:02) | URL | [EDIT] |
  +
こんばんは^^
今は 採集禁止の場所が多くなったと思いますが それでも密猟者は何処にでも居ますよね
カメラマンと採集者のいざこざは多いと聞きます
保護しているなら 管理もしっかり遣って欲しいと思います
そうじゃないと保護することにならないと思うのですが・・・

保護区域での堂々とした密漁者たち・・・一人では太刀打ちできませんよね
皆で注意して追い払うことが出来れば良かったんですが・・・

チョウを数頭捕られても チョウが居なくなることはないです
卵も成虫も全部持っていかれたら別ですが・・・
でも環境破壊で 昆虫は絶滅します
乱獲もですが一番の保護は 環境を守ることですよね
b y moko | 2010.06.20(00:14) | URL | [EDIT] |
 sirabisoさん、colocasiaさん、虎猫さん、スウさん、
Boobyさん、mokoさん、鍵コメのみなさん、
コメントしていただき有難うございます。
少し一方的な文章にも関わらず
お言葉を残してくれたこと、嬉しく思います。
また人それぞれいろんな意見があって当然です。
 記事の内容は単なる一例です。
ミドリシジミだけでなく、他にも希少な昆虫は多いですし
その他の動植物もしかりです。
なかでも悪質なのはタマゴやサナギを採集したり、食樹の枝をへし折ったり
切り倒すこともあるそうです。
 当然のことですが自然環境を大切にしていくことが
一番のことだと思います。
b y mitaka | 2010.06.20(01:46) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://naturemind7.blog10.fc2.com/tb.php/368-a222516d



copyright © 2018 Nature Mind. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。